東京アグリ青梅試験地圃場の立地(1)

成木川(なりきがわ)2015年10月24日撮影  

農業用水の源「成木川」
 成木川の水源は黒山(東京都青梅市)にあり,その標高は842mである。水源から直線距離で約10km,標高130m付近には富岡地区水田への取水口がある。毎年4月29日には「堰普請」と称して取水口付近に堰の設置,田に通じる水路の清掃のため乙黒*耕地田水利組合の共同作業が行われる。これは水田作の生命線として重要な作業であり,東京アグリ研究協会青梅試験地も毎年参加している。成木川にはヤマメ,ニジマスが生息し,毎年4月第二日曜日ころが解禁日となり釣り人の姿も多くなる。また,6月下旬から7月上旬の20~21時にかけては蛍の乱舞する様に興じることができる。地元にある料理旅館「司翠館」の御主人によると,宿泊客など毎年,車で15分くらいかかる成木7丁目付近の成木川のスポットに案内されるということであった。青梅試験地のすぐ近くにある成木川堤防からは蛍の散発的な舞がみられる程度で少し淋しい。成木川は隣県埼玉県飯能市鍛冶橋付近で荒川水系入間川(いるまがわ)に合流し,その支流を成している。江戸時代には木材の運搬にも利用されていたようである。
 青梅試験地の気象観測を行なっている圃場の標高は115.1mであるが,青梅市の最低標高地点は青梅試験地の近くにある両郡橋下流で103.5mである。
*「おとぐろ」と読む,旧地名に由来する (地元の長老宿谷和巳氏による)

 今回から一般社団法人東京アグリ研究協会の青梅試験地圃場を取り巻く環境について数回にわたり連載していきます。次回は成木川の水質などについて掲載する予定です。(2015年11月26日記)                             

東京アグリ青梅試験地試験圃場の立地 (2)

成木川の水源は黒山(東京都青梅市)にあり,その標高は842mである。水源から直線距離で約10km,標高130m付近には富岡地区水田への取水口がある。毎年4月29日には「堰普請」と称して取水口付近に堰の設置、水田に通じる水路の清掃のため乙黒*耕地田水利組合の共同作業が行われる。これは水田作の生命線として重要な作業であり,東京アグリ研究協会青梅試験地も毎年参加している。

水田につながる用水路 (上) と成木川からの取水口(下) (撮影2019年4月29日)            

 成木川の水質
 青梅試験地圃場への取水は成木川に由来することを前回 (1)で述べた。写真は成木川からの富岡地区水田への取水口付近の様子を示したものである。 撮影時の12月には取水口付近は枯葉等で覆われていたが, 本年4月には乙黒耕地田水利組合の共同作業で行われるいわゆる「堰普請」により清掃される。

成木川の水質(平成26年度公共用水域水質測定結果、東京都環境局)

項目 基準値 (農林省公害研究会) 落合橋 (北小曽木川合流前)
pH(水素イオン濃度) 6.0~7.5 7.8
COD(化学的酸素要求量) 6mg/L以下 1.35
SS(浮遊物質)
100mg/L以下 1
DO(溶存酸素) 5mg/L以上 10.8
T-N(全窒素濃度) 1mg/L以下 1.13
電気伝導度(EC) 30mS/m以下 18.8
重金属
 As(砒素)
 Zn亜鉛)
 Cu(銅)

0.05mg/L以下
0.5mg/L以下
0.02mg/L以下

<0.005
0.001
0.001

 農業(水稲)用水基準は, 昭和45年3月に農林省公害研究会において, 水稲の正常な生育のために望ましい潅がい用水の基準値が定められた (法的効力はない, 表中の基準値の測定単位はSI単位系に著者が改変し, 東京都データに揃えた)。成木川の水質については「公共用水域水質測定結果」が公表されており(東京都環境局), この測定項目の中には農業(水稲)用水基準の測定項目がすべて含まれていることがわかった。ここでは現時点において最新のデータである平成26年度のデータを引用*した。これによると, pH,T-Nは基準値に比べてやや高いものの, 他の項目は極めて良好な状態にあることがわかる。落合橋調査地点は取水口から直線距離で約4km上流にある。
*http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/water/tokyo_bay/measurements/data/26.html 

 次回は青梅試験地圃場を取り巻く気象環境について掲載する予定です。(2016年2月25日記)  

東京アグリ青梅試験地圃場の立地 (3)


 青梅試験地圃場の気象環境

1.気象観測地点・測定項目・平年値
 青梅試験地内における気象観測地点は東経139度17分37秒(十進法139.293639度),北緯35度50分4秒(十進法35.834374度)1),標高115.13mにある2)。測定項目は温度,降水量である。掲載した図に使用した平年値 (1981~2010年の観測地の平均) は気象庁HP掲載の青梅市地域気象観測所の観測データ3),青梅試験地データは東京アグリ研究協会の実測値である。なお,アメダス青梅は試験地測定地点から直線距離で約5キロ,南南東の方向にある。
2.気温(第1図)
 青梅市の年平均気温は13.8℃で、札幌市に比べて4.9℃高く,那覇市より9.3℃,鳥取市より1.1℃低い。平均気温の最高は8月で25.5℃,平均気温の最低は1月に2.8℃を示し,約23℃の温度差がみられる。日最高気温30.4℃(8月)と日最低気温は−2.5℃(1月)との較差は30℃を超える。
3.降水量(第2図)
 青梅市の年間降水量は1507.9㎜で,札幌市の1106.5㎜に比べて多く,鳥取市1914.0㎜や那覇市2040.8㎜に比べると少ない。青梅市の12月から2月における各月の降水量は50㎜以下となるが,8月から9月における各月の降水量は200㎜を超し,年間では最も多くなる。
4.日照時間(第2図)
 青梅市の年間日照時間は1888.5時間で,札幌市より148時間,鳥取市より225時間,那覇市より115時間多い。「晴れの国おかやま」をPRされる岡山の日照時間は2030.7時間でさすがに多い。青梅市の12月から4月における各月には170時間以上の日照時間があり,特に12月から2月は雪を頂いた美しい富士山がくっきりと見られる季節となる
5.青梅試験地実測データとアメダス青梅測定データとの関係
 第3図および第4図は2015年8月17日に出穂期となった作型(6月10日移植コシヒカリ)の登熟期間(出穂期翌日~収穫期までの41日間とした)における気温と降水量について,青梅試験地の実測データとアメダス青梅の測定データとの関係をみたものである。
 この作型の登熟期間中の気象は「低温・寡照・多雨」であった。著者の経験では1980年の「冷夏・長雨」以来の不良天候となり,青梅市の稲作農家では平年の半作とする声が多かった。当試験地の栽培試験においても登熟歩合(比重1.06の塩水選で籾の選別調査を行う)が40%台となり,作柄は「著しい不良」となった。
 余談であるが,1980年を鮮明に覚えているのは,この年「雨々ふれふれもっとふれ・・・」と歌った八代亜紀の「雨の慕情」が大ヒットしていたからである(念のため,雨乞いをする歌詞では決してないことを著者から申し添えておきます)。
 第3図に示したように,平均気温については青梅試験地の実測データとアメダス青梅の測定データとの間には直線関係が成立し,両者間には極めて高い正の相関(相関係数r=0.981,寄与率R2=0.9615)が認められる。しかし,第4図に示した降水量では両者間には同様に直線関係が成立するものの,相関の程度(r=0.900,R2=0.8095)は平均気温の関係に比べてやや低下した。これは,アメダス地点で降雨が記録されなかった日に青梅試験地では局地的大雨がみられたためである。特に水稲の倒伏時期には降雨の影響が大きいため,実測値は倒伏時期などの考察にとても役立つ。また,雨雲の接近や台風の進路など圃場の作業管理には,無料の気象アプリ「Yahoo天気 *(Yahoo Japan Corp.)」が欠かせない
* http://weather.yahoo.co.jp/weather/zoomradar/

 次回は東京アグリ研究協会青梅試験地で実施している普段の栽培技術の概要について掲載する予定です。(2016年8月31日記)
  

1)http://user.numazu-ct.ac.jp/~tsato/webmap/sphere/coordinates/
2)http://www.motohasi.net/GPS/ShowGoogleMap.php
3)http://www.jma.go.jp/jima/menu/menureport.html

 

   

            第1図 青梅市の月別気温平年値 (℃)

 


     第2図 青梅市の月別降水量平年値 (㎜)・日照時間平年値 (時間) 

 

 

           第3図 実測値とアメダスデータとの相関(気温,2015

 

 

         第4図 実測値とアメダスデータとの相関(降水量,2015)



東京アグリ青梅試験地圃場の立地 (4)

青梅試験地の標準的な生産技術体系

1.育苗技術

 育苗箱全量施肥法

 苗箱まかせ(ジェイカムアグリ株式会社の登録商標)を播種時に稲の一生分の肥料を育苗箱に施肥する技術で,育苗箱全量施肥法と呼ばれている。苗箱まかせは尿素がポリオレフィンという高分子被膜でコーティングされていて,育苗期間中は極めて緩やかに肥料分が放出されるため苗焼けは起こらない。従来の高度化成肥料では絶対に真似のできなかった技術である。水稲のチッソ利用率も高まるため普通の化成肥料に比べて30%程度の減肥が可能となり,さらに圃場での基肥,追肥作業が省略できるため「省資源・省力化」技術として有望である。
 今回は,当試験地における苗箱まかせを使用した生産技術体系における育苗技術の概要について紹介し,詳細は次回を予定しています。
                       (2018年1月30日記)

            

      苗 箱 ま か せ 施 肥 作 業 手 順 (概 要)

    塩水選 
     ↓                   
    水 洗         
     ↓                        
    種子消毒 (温湯消毒種子では不要)
     ↓            床土入れ 市販育苗用土(ロックウール成型培地も可)
     ↓              ↓  
    浸 種            潅 水
     ↓              ↓
    催 芽      →   施肥・播種 (第1図)
                   ↓
                   覆 土

                   ↓
              立枯れ病・ムレ苗防除 タチガレエースM液剤
                    ↓   (1,000倍液500ml/箱散布)
                  育 苗 加温,無加温を問わない
                   ↓
                苗箱施薬施用 箱いり娘粒剤
                   ↓  (田植7日前~田植当日,50g/箱施用)
                  田 植(第2図)

 

 

   第1図 播種枠(手作り製)を用いた手作業の様子  
       手作業の場合は床土入れ、肥料散布、播種作業に重宝

 

         第2図 完成した苗

                a:覆土, b:種もみ, c:肥料, d:床土